デザイン思考をベースとした教育プログラムで、全国の小学生~高校生の創造力を育みます。 デザイン思考をベースとした教育プログラムで、全国の小学生~高校生の創造力を育みます。

MONO-COTO PROGRAM

概要・特長

自分で問題を見つけ、解決する
アイデアを生み出す
モノ・コトづくりの
スキルとマインドを育む

MONO-COTO PROGRAMはデザイン思考を
ベースとしたカリキュラムとなっており、
①物事をさぐる、②問題にきづく、
③アイデアをひらめく、④プロトタイプをつくる、
⑤アイデアをためす、という
5つのステップ(=デザイン思考)を何度も
回すことで、本当の問題を捉え、
解決するアイデアを生み出します。

多様なカリキュラムから選べる

MONO-COTO PROGRAMは、「体験編」
「入門編」「基礎編」「修行編」「実践編」の
5つの
カリキュラムを準備しており、環境や状況に合わせて
最適な内容を選ぶことできます。

  • 簡単に
    体験できる
    2時間程度
  • デザイン思考の
    基本的な考え方
    を理解する
    8時間程度
  • 5つのステップを
    しっかり回すための
    基本的なスキルを学ぶ
    1〜2年間
  • 社会で通用する
    スキル・マインド
    の定着を目指す
    1年間
    ※中高生のみ
  • 獲得した
    スキル・マインド
    を実践する
    1〜2年間

明確なスキルの定義を行うことで、
モノ・コトづくりに
必要なスキルを
習得することができる(※基礎編以降)

CURIO SCHOOLはデザイン思考の5つのステップ
それぞれに対して必要なスキルを24個定めており、
プロジェクトを通じて24のスキルを習得することを
目指します。
「なんとなく学んだ」として
終えるのではなく、明確にスキルを習得します。

探究や研究、文化祭や部活動といった 日々の活動への応用ができる

当たり前ですが、このプログラムを通じて習得する
スキルやマインドは社会で通用することを
前提としています。
そのため、ここで得られたスキルやマインドを
日々の学校生活でも応用することができます。

育んだ創造力を発揮する場がある

創造力は点数では評価できませんが、
創造力を発揮する機会として
デザイン思考を学ぶ中高生が創造力を競い合う
「MONO-COTO INNOVATION」があります。
MONO-COTO PROGRAMで育んだ創造力を
確かめる場としても活用することができます。

MONO-COTO PROGRAM

育む
5
つのステップと
24
のスキル

基礎編以降のカリキュラムでは、
デザイン思考の5つのステップ
(さぐる→きづく→ひらめく→つくる→ためす)
に対して、
必要な24のスキルを定めています。
カリキュラムの中で行われるプロジェクトの中で
各スキルを習得していきます

つのステップ のスキル

さぐる

文献
ネット調査

インターネットや本から必要な情報を集める

フィールド
ワーク

外で見たり、聞いたりしながら情報を集める

行動観察

人の動きや起こっていることを観察する

インタビュー

問題を見つけるために人に聞く

情報の整理

集めた情報を表やグラフ、文章で整理する

きづく

事実と
解釈の整理

得られた事実から「かもしれない」を考える

共通点
相違点の抽出

集めた情報の中から同じもの / 違うものを整理する

原因の特定

問題が起こっている原因をほり下げて考える

問いづくり

「なんで」「どうやって」という問いを立てる

仮説づくり

問いに対して自分なりに予想する

ひらめく

体験
感覚の保存

感じたこと・経験したことを言葉で記録する

メタファー
アナロジー発想

にているものから新しいアイデアを考える

事例の調査

取り組む問題やアイデアとにているものを調べる

組み合わせ

考えたことを組み合わせて新しいアイデアを考える

ストーリー作り

アイデアが社会とどのようにつながるかを考える

つくる

アイデア
スケッチ

考えたアイデアを絵にする

アナログ
ファブリケー
ション

考えたアイデアを紙などで工作する

デジタル
ファブリケー
ション

考えたアイデアを3Dプリンターなどでつくる

電子工作

考えたアイデアを電子工作する

画像
映像編集

考えたアイデアを画像や映像で表現する

ためす

インタビュー
テスト

つくったものについて、人に聞いて確かめる

行動観察
テスト

つくったものについて、使ってもらって確かめる

アンケート
調査

つくったものについて、アンケートで確かめる

結果の
整理・分析

確かめたことを整理して、次につなげる