デザイン思考の授業を通じて、
生徒の創造的スキルを育む。

学校様向けのカリキュラムとして、
2コマで実施ができる体験編、
8コマで実施ができる入門編、
48コマ程度で実施ができる基礎編があります。

入門編であればデザイン思考の基本的な考え方を
理解することが可能であり、
そこから探究学習や文化祭・体育祭等の企画へ
応用することが出来ます。
また基礎編でデザイン思考に必要な最低限のスキルを
しっかりと身につけることで、
将来生徒様にとってかけがえのない
自らモノコトを生み出すための
「道具」を手に入れることができます。

  • 簡単に
    体験できる
    2時間程度
  • デザイン思考の
    基本的な考え方
    を理解する
    8時間程度
  • 5つのステップを
    しっかり回すための
    基本的なスキルを学ぶ
    1〜2年間
  • 社会で通用する
    スキル・マインド
    の定着を目指す
    1年間
    中高生のみ
  • 獲得した
    スキル・マインド
    を実践する
    1〜2年間

具体的なプロジェクト /
授業イメージ

例:入門編の場合

  • 最初の1コマでデザイン思考の概要を
    ファシリテーターから聞きます。

  • 「教室の困りごとを解決するモノコト」のテーマに
    対して、4人1チームとなってインタビューや
    観察等を行い、解決すべき問題を定めていきます。

  • 定めた問題に対して、チームで
    ブレインストーミング等を行い、問題を解決する
    アイデアを発散・収束させていきます。

  • まとまったアイデアに対して、簡単な備品を
    用いてプロトタイプを制作し、本当にアイデアに
    価値があるかどうかをテストしていきます。

  • 最終的なアイデアを修正し、全体で発表します。

  • 一連の流れで得られた気づきや学びを振り返ることで、
    日常生活への応用につなげていきます。

導入方法

本プログラムを導入する場合、
複数の導入パターンがあります。

  • 弊社ファシリテーターが直接授業を実施する

    実施可能な
    カリキュラム

    • 体 験
    • 入 門
    • 基 礎

    弊社ファシリテーターが直接学校へ伺い、
    授業を行います。
    デザイン思考について
    よくわからない、まずは体験してみたい、
    という方は「体験編」を試していただき、
    生徒様、教員の皆様含めてデザイン思考の概要を
    理解することが可能です。
    また、体験編、入門編は学年で一斉に実施することが
    可能です(最大8クラス同時進行)。
    そのため探究の授業の一部を本プログラムで
    実施することも可能です。
    ただし本パターンは弊社ファシリテーターが
    直接伺えるエリア(首都圏)か、
    もしくは特別授業として授業コマを
    集中させることができる場合のみ可能となります
    (例:夏休みの特別講義として丸1日行う等)。

  • 貴校教員が研修を受けた上で教員自身が実施する

    実施可能な
    カリキュラム

    • 入 門

    弊社ファシリテーターが教員の皆様に対して
    事前研修を行い、教員の皆様がファシリテーター
    として授業を実施するパターンです。
    事前の研修は2日間(原則オンラインで実施)で行い、
    デザイン思考の基本的な考え方、
    ファシリテーションに関する補足等を行います。
    授業に必要なテキストやスライドは弊社で用意します。
    首都圏ではないエリアにある学校様で
    デザイン思考の授業を導入したい場合は
    ぜひお問い合わせください。

  • 複数校かつ弊社ファシリテーターが直接授業を実施する

    実施可能な
    カリキュラム

    • 体 験
    • 入 門

    姉妹校・兄弟校等で複数校で
    弊社ファシリテーターが同時に授業を行います。
    事前に学校間で調整が必要となりますが、
    希望する生徒のみが受講することができ、
    かつ費用を複数校で分割することで
    1校あたりの費用をおさえることが可能となります。

実績

  • 品川女子学院中等部・高等部
  • 聖光学院高等学校
  • 田園調布学園高等部
  • 東京都立産業技術高等専門学校
  • 逗子開成高校
  • 同志社中学校
  • 江戸川学園取手高校
  • 宇都宮短期大学附属高等学校